筆跡鑑定

筆跡鑑定が、証拠として当事者より提出される場合、裁判所が筆跡鑑定を行う場合もあります。裁判所が筆跡鑑定を行うという場合には、裁判所が鑑定人を選出して、鑑定人の宣誓の上、筆跡鑑定を行うことになります。筆跡鑑定は、遺言書が間違いなく本人によって書かれたのかとうことを追求する場です。

筆跡鑑定には、対照筆跡が必要です。しかし、人間の筆跡と言うものは年齢によっても変化して行くものです。遺言を書いた時にできるだけ近い時の筆跡を見付けるのがベスト対策です。そして、遺言に書かれている文字と同じ文字を含んでいるのがよりベストです。

原被告間で、対照筆跡を選択することから争いになってしまうケースがあるようです。原被告間で合意出来た、 対照筆跡が鑑定人に提供される必要があります。ここに筆跡鑑定という大事な要素がある訳ですが、裁判官は実際に、筆跡鑑定の結果に囚われている訳ではありません。

自由心証と言って、裁判官が自由に判断をして行くことが出来ます。当事者によって、せっかく裁判所が選んだ鑑定人に筆跡鑑定をお願いしたというのに無駄になるというケースもない訳ではありません。裁判で、遺言を本人が書いたことを裏付ける事情を主張しなければなりませんし、それに関する証拠を出す必要があります。