偽造は出来るもの?

遺言書と言えば、自筆証書遺言を普通考えるものではないでしょうか。自筆証書遺言は、手軽に書くことが出来るのがメリットです。しかし、簡単に出来るゆえ、本当に自分で書いたものかということが疑われるのも自筆証書遺言のもデメリットとして捉えることが出来ます。 そのために相続開始後に家庭裁判所に検認という申し立てを行う必要がありますが、通常1ヶ月程度時間がかかってしまうとも言われています。

遺言書がせっかく書かれたと言うのに、遺言書が見付からない、隠されてしまう、捨て去られてしまう可能性もあります。遺言書は有難いものです。しかし、遺言書が偽造だと騒がれてしまうかもしれません。自筆遺言証書が2通出て来てしまうということもあるようです。その時、基本は一番最後に書かれた遺言書が有効と言うことになります。

自筆証書遺言を信じたい。 しかし、自筆証書遺言、そして、筆跡鑑定は万能ではないということにも気付くかもしれません。 筆跡を鑑定する人や鑑定機関によって異なる判決が出てしまうこともあまり珍しいことでないようです。なぜ、違う判決が出てしまうのでしょうか。すぐに真実が歴然と判るものではないからです。だから自筆証書遺言の信憑性を高める工夫を私達が考えていかなければなりません。