遺言書偽造の罪

遺言書は実際によく偽造されることがあるようです。遺言書を偽造した場合、私文書偽造罪に問われる可能性があります。行使すると偽造私文書行使罪になります。

刑法第159条では、 行使目的で、他人の印章、署名を使用して権利や義務など、事実証明に関する文書または図画を偽造したり、偽造した他人の印章または署名を使用して権利、義務、事実証明に関する文書、図画を偽造した場合、三月以上五年以下の懲役に処するとあります。他人が押印し、署名してある文書・図画で権利、義務、事実証明に関するものを変造した者も同様の罰を受けることになります。

刑法第161条では、行使した者も同一に罰するとあります。更に相続税法違反に問われる可能性もあります。相続税法第68条にあたる可能性があります。相続税を免れようとした場合には、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処されます。

実際に遺言書偽造は頻繁にあると言います。それは、遺言人が既に亡くなっているゆえ、自由にそのようなことが出来ると誤解しているせいなのかもしれません。そして、やっぱり誰もが、相続を目の前にして、お金の欲に正しい判断が出来なくなってしまうのです。遺言は、思っている以上に神経を尖らせなければならないものかもしれません。こうした偽造行為や争いが生まれないようにするためには遺言書の作成を弁護士へ依頼しておくと良いでしょう。弁護士には遺言の執行まで安心して任せられるので、確実な方法と言えるでしょう。